白山陶器

平茶碗 a

たきたてごはんの、あの薫り、歯ごたえ、味覚・・・日本人の生活になくてはならない大切な文化。
そうしたごはんを美味しくいただくために、最近注目されている「平形めし茶碗」(森正洋デザイン・1992年)。

大ぶりで浅めの平形の茶わんは、とても食べやすく、
制作は、型作りによる成形で、古代メソポタミアで表現されていた彩釉を磁器に発展させ、
手描きによる模様を器に融けこませました。
毎日使う、日常の器こそが、一番大事な器です。

白山陶器:
波佐見焼の陶磁器ブランド・白山陶器。
「使う人にとって使いやすいもの、生活になじむもの」を原点に、懐かしいのに新しい、
世代を超えた日常の逸品を追求・発信し続けるブランドです。

幅15cm×高さ5.3cm 300m
在庫状況 残り1点
販売価格
2,500円(税込2,700円)
購入数